知多半島(半田市 東海市 知多市 常滑市 大府市 東浦町 阿久比町 美浜町 南知多町 武豊町)や碧南、西尾、岡崎、名古屋などを中心に県内外・海外の方にご利用いただいている漢方薬局です!半田:鍼灸の桜門


時間をかけて細かくご相談することで、漢方はより正確にお身体に合わせることができます。 漢方の服用のみでなく、正しく、ツボを知ることにより、漢方のみでは知りえなかった効果を発見することができます。より速い、妊娠、腰痛、アトピーの痒み改善、自律神経の安定につながります。
オフィシャルサイト
桜門はお城の本丸の正面入口を示す用語です。)


お気軽にご相談・ご予約下さい。

☎:0569-89-0569


お問い合わせ⇒
◆直メールnagoyakanpo@yahoo.co.jp
【基本平日・土曜・祝日対応】
時間外などもお問い合わせ下さい。

花粉症の鼻の症状が改善されました!


患者さんの声
40代男性、花粉が気になる春先に鼻水と鼻づまりが酷く。
耳鼻科の薬で小青竜湯(しょうせいりゅうとう)という薬を処方され、
服用後、動悸と胸焼けに苦しむようになる。
他の病院へ行って葛根湯加川芎辛夷(かっこんとうかせんきゅうしんい)
が処方され、鼻炎の改善とともに尿閉が起こり、中止する。

漢方薬はもうこりごりと思ったが、知り合いの紹介により、ご相談。

3日間の服用から、花粉症の症状はかなり良いので暫く続けてみるとのこと。30日で改善、廃薬

治療家コメント
小青竜湯(しょうせいりゅうとう)、葛根湯加川芎辛夷(かっこんとうかせんきゅうしんい)は麻黄(まおう)という覚せい剤の原料が含まれております。
一時的には花粉症に効果的ですが、習慣性があるおで、中止できなくなる場合がございます。
また、動悸や胸やけ、尿閉の原因になる場合があるので、副作用の説明をきちんと受け、安直な気持ちでは服用しないようにしましょう!

この方は花粉の季節になると鼻水・鼻づまりに困っておられました。
症状に合わせた漢方薬と同時にアーユルベーダ方式の鼻洗浄をお教えしました。
アレルギー性鼻炎などの鼻症状は意外と早く効く場合と、蓄膿をお持ちだと1ヶ月くらいで効いてくる場合があります。

漢方薬とその費用の目安
1日治療のお薬代400円
※使うお薬、金額は患者さんによって異なります。
大人1日治療300円~550円の方が多いです。


1、花粉症の漢方治療の基本

1、花粉症と漢方のトップ


2、花粉症の原因と漢方

2、花粉症の原因を確認


3、花粉症の漢方分類

3、漢方を服用前は原因タイプの分類が必要です。


4、花粉症の養生

4、花粉症は普段からの養生も大切です。



花粉症の症例⇒



年齢とともに、病気の改善が遅くなってきてはおりませんか? 漢方には老化をふまえた血の治療もございます。ホームページでは伝えたいことを全てお伝えはできませんが、気に入って、頂けたら、いちどご相談下さい。


◆完全予約制です。
じっくりと漢方相談を行うことが特徴です。
土曜日はご予約の希望時間が重なりあってしまいます。
そのため、可能な方は、じっくりとした漢方相談のできる平日に来て頂けたらありがたいです。