知多半島(半田市 東海市 知多市 常滑市 大府市 東浦町 阿久比町 美浜町 南知多町 武豊町)や碧南、西尾、岡崎、名古屋などを中心に県内外・海外の方にご利用いただいている漢方薬局です!半田:鍼灸の桜門


時間をかけて細かくご相談することで、漢方はより正確にお身体に合わせることができます。 漢方の服用のみでなく、正しく、ツボを知ることにより、漢方のみでは知りえなかった効果を発見することができます。より速い、妊娠、腰痛、アトピーの痒み改善、自律神経の安定につながります。
オフィシャルサイト
桜門はお城の本丸の正面入口を示す用語です。)


お気軽にご相談・ご予約下さい。

☎:0569-89-0569


お問い合わせ⇒
◆直メールnagoyakanpo@yahoo.co.jp
【基本平日・土曜・祝日対応】
時間外などもお問い合わせ下さい。

6、痔の養生と漢方学的予防

◎治療は漢方がメインになりますが回復には漢方3食養生7の割合で、食養生が回復を早めます。

◎食事ごとにすり胡麻を食べる。分量は一日量、大さじ一杯ぐらいが適当です。

◎毎日大根をなにかのかたちで食べる。ジアスターゼが消化を助け未消化物が痔に悪影響することを予防します。

◎肉類、卵の類はできるだけとらないようにする。お血の原因となり痔を助長します。

◎普段からアルコールを服用するものは暫く禁止する。加えて、過飲食は絶対よくない。重傷の痔疾患にかかっているものは禁止する。

◎刺激物はとらないようにする。タバコ、香辛料、特に胡椒、唐辛子、ワサビはよくない。チョコレート、コーヒー、ニンニクの類をやめる。ニンニクは体を元気にしますが腫れものを助長することがあります。お茶はさしつかえありません。

◎食べ過ぎはいけません。どんな栄養のあるものでも、食べ過ぎは痔の敵です。

◎過激な運動をさけます。散歩のような適度の運動は必要です。同じ姿勢を長くつづけることはよくありません。たとえば、長時間乗り物に乗ったり、長く立ちつづけたり、長く坐って仕事をすることはさけるべきです。

◎痔出血にはレンコンのおろし汁を飲むと奇効があります。おろし汁をしぼって、おちょこに2から3杯飲みますが、ふつうにはおろし胡麻油またはサラダ油をたらして食べると痔の予防になります。

◎脂肪は必ず植物性の油を用いる。

◎日光に親しみ、よく睡眠をとることが必要です。

◎疾患の予防または治療にはお灸が絶大な効果あり、予防には足サンリに灸を月初めの一週間、治療にはチュウカン、コウユ、テンスウ、カンゲン、ダイチョウユ、ショウチョウユに台座灸を一日一回に二壮

◎漢方は新しい痔の場合一、二週間くらいを目安に考える。しかし、慢性の痔は長期服用を考える。



年齢とともに、病気の改善が遅くなってきてはおりませんか? 漢方には老化をふまえた血の治療もございます。ホームページでは伝えたいことを全てお伝えはできませんが、気に入って、頂けたら、いちどご相談下さい。


◆完全予約制です。
じっくりと漢方相談を行うことが特徴です。
土曜日はご予約の希望時間が重なりあってしまいます。
そのため、可能な方は、じっくりとした漢方相談のできる平日に来て頂けたらありがたいです。