知多半島(半田市 東海市 知多市 常滑市 大府市 東浦町 阿久比町 美浜町 南知多町 武豊町)や碧南、西尾、岡崎、名古屋などを中心に県内外・海外の方にご利用いただいている漢方薬局です!半田:鍼灸の桜門


時間をかけて細かくご相談することで、漢方はより正確にお身体に合わせることができます。 漢方の服用のみでなく、正しく、ツボを知ることにより、漢方のみでは知りえなかった効果を発見することができます。より速い、妊娠、腰痛、アトピーの痒み改善、自律神経の安定につながります。
オフィシャルサイト
桜門はお城の本丸の正面入口を示す用語です。)


お気軽にご相談・ご予約下さい。

☎:0569-89-0569


お問い合わせ⇒
◆直メールnagoyakanpo@yahoo.co.jp
【基本平日・土曜・祝日対応】
時間外などもお問い合わせ下さい。

青汁と漢方養生法

 桜門漢方薬局では、市販の青汁を服用の方が多々おり、漢方薬的な役割を理解した上での服用をおすすめしております。

青汁には主にケールと大麦若葉が流通しております。
 どちらも食物繊維やビタミン、ミネラル、葉緑素が豊富ですが、ケールはキャベツの一種、大麦若葉はイネ科の植物です。
 ケールはビタミンAやカルシウムが豊富で、大麦若葉は活性酸素を無毒化するといわれております。
青汁療法は元来、青い葉物の野菜を潰して青汁として飲まれてきた健康療法です。有名なのは大根やニンジンの葉を青汁として使う場合があるようです。葉っぱ類にはアクのあるものがあり、ホウレン草のアク抜きが必要なものもあります。アクのあるものは身体に悪いとされておりますので一般的に食品として食べられているものを材料に使って下さい。

 しかし、漢方的には冷え性や下痢の悪化の原因にもなることから、、容量の加減なども必要であると考えます。

 他に青汁はビタミンKが豊富に含まれるのでワーファリンを服用されている方は避けたほうが良いとされております。

漢方専門 桜門漢薬局



年齢とともに、病気の改善が遅くなってきてはおりませんか? 漢方には老化をふまえた血の治療もございます。ホームページでは伝えたいことを全てお伝えはできませんが、気に入って、頂けたら、いちどご相談下さい。


◆完全予約制です。
じっくりと漢方相談を行うことが特徴です。
土曜日はご予約の希望時間が重なりあってしまいます。
そのため、可能な方は、じっくりとした漢方相談のできる平日に来て頂けたらありがたいです。