知多半島(半田市 東海市 知多市 常滑市 大府市 東浦町 阿久比町 美浜町 南知多町 武豊町)や碧南、西尾、岡崎、名古屋などを中心に県内外・海外の方にご利用いただいている漢方薬局です!半田:鍼灸の桜門


時間をかけて細かくご相談することで、漢方はより正確にお身体に合わせることができます。 漢方の服用のみでなく、正しく、ツボを知ることにより、漢方のみでは知りえなかった効果を発見することができます。より速い、妊娠、腰痛、アトピーの痒み改善、自律神経の安定につながります。
オフィシャルサイト
桜門はお城の本丸の正面入口を示す用語です。)


お気軽にご相談・ご予約下さい。

☎:0569-89-0569


お問い合わせ⇒
◆直メールnagoyakanpo@yahoo.co.jp
【基本平日・土曜・祝日対応】
時間外などもお問い合わせ下さい。

山芋(自然薯)の漢方養生法を模索する。

  山芋には健康を助ける多くの作用があります。
  漢方薬の一部としても使われる大切なものです。
  漢方の生薬としては山薬も呼ばれるものです。
  上手く食事に取り入れましょう。


山芋の効能
○食欲増進、胃腸虚弱
○下痢症状、軟便
○糖尿の口渇
○喘息(痰を解く作用)
○頻尿
○寝汗や異常発汗


消化酵素アミラーゼを含み、ムチン質の潤いで消化粘液を助けます。
漢方的にも新しい粘りのあるものが健康には良さそうです。


古典の生薬の世界「本草備要」では
山芋(山薬)が脾肺の二経絡に入り、不足を補う作用で、その虚熱を抑えて胃腸の調子を整えて肌を潤し、痰を解いて、下痢を止める作用があり、五行説でも、肺は腎の母であることから、腎の陰を強めることで、虚損や労傷を治し、脾は心の子であるので、心気を益すことから、健忘(物忘れ)や遺精(生殖器の障害)を治することと、生で用いると膿などの腫れ物を消してしまう。
などの記載があります。




漢方の世界では
○漢方の材料としては、八味地黄丸、六味丸、参苓白朮散などに配合されます。また、丸剤を作る際に蜂蜜を使わず、山芋で固めるものもあります。蜂蜜の繋ぎ剤と違い、軽い丸剤に仕上がります。
○日本薬局方でも滋養強壮、止瀉、止渇作用があるとされております。
○薯蕷(ねんじょ)と古典の本では記され一般的な山芋を示します。
○中国の生薬市場では、真っ白い棒状の綺麗なものが販売されております。


食用としては
○生ではトロロご飯や山芋短冊や焼いたり蒸したりしたものでは、山芋のお好み焼きやお菓子に配合されることがあります。山芋のお菓子と言えば鹿児島のかるかんです。健康を気づかう贈り物、小見上げには最高に喜ばれます。しっとりした、山芋を蒸した感じのお饅頭です。
★しかし、残念なことはせっかく、山芋はいろいろな体調不良に良く、特に老化に伴う腎虚に良いのに、山芋アレルギーの方がおられるのは残念です。また、摂りすぎによる便秘もありえるようです。





年齢とともに、病気の改善が遅くなってきてはおりませんか? 漢方には老化をふまえた血の治療もございます。ホームページでは伝えたいことを全てお伝えはできませんが、気に入って、頂けたら、いちどご相談下さい。


◆完全予約制です。
じっくりと漢方相談を行うことが特徴です。
土曜日はご予約の希望時間が重なりあってしまいます。
そのため、可能な方は、じっくりとした漢方相談のできる平日に来て頂けたらありがたいです。