知多半島(半田市 東海市 知多市 常滑市 大府市 東浦町 阿久比町 美浜町 南知多町 武豊町)や碧南、西尾、岡崎、名古屋などを中心に県内外・海外の方にご利用いただいている漢方薬局です!半田:鍼灸の桜門


時間をかけて細かくご相談することで、漢方はより正確にお身体に合わせることができます。 漢方の服用のみでなく、正しく、ツボを知ることにより、漢方のみでは知りえなかった効果を発見することができます。より速い、妊娠、腰痛、アトピーの痒み改善、自律神経の安定につながります。
オフィシャルサイト
桜門はお城の本丸の正面入口を示す用語です。)


お気軽にご相談・ご予約下さい。

☎:0569-89-0569


お問い合わせ⇒
◆直メールnagoyakanpo@yahoo.co.jp
【基本平日・土曜・祝日対応】
時間外などもお問い合わせ下さい。

添加物飲料と漢方養生法

 最近、特に皆様の添加物や合成甘味料による体調被害が気になっております。
 カロリーゼロやカロリーオフの甘味料は砂糖と違い、代謝されてブドウ糖にならず、そのままの形で体内を巡ります。
 そして、腎排泄されるのですが、合成甘味料や保存料は発売から何年も経ってから、被害が分かれば製造中止のような雰囲気があります。
 カロリーゼロ飲料の甘味料も動物実験によって免疫力が落ちることが言われております。
 よくある、化学甘味料は大学では「アミノ酸から化学合成されるものだから安全です。」と、習ったりしますが、砂糖の数百倍の甘さを持つ化学物質です。
 また、ヨーグルトのプレーンは良くても、○○味は化学香料で味付け、なんていう場合もあります。
 きちんと認可を取っている添加物も、病人にとっては不具合につながります。また、薬も飲める薬がないなんて方もたまにおられます。
 ペットボトルや缶の製品は病人にとってはお茶や水、コーヒーなら無糖ブラックにされることで添加物の摂取はかなり、抑えられるようです。
 病弱な方の飲酒はビールが高くても純粋なビール、お酒も純米酒などのこだわりが添加物を抑えることになります。
 添加物はコストを抑えたり、味を美味しく、綺麗に保ちます。体調を整えるにはプラス面、マイナス面を考える必要があります。

漢方専門 桜門漢薬局



年齢とともに、病気の改善が遅くなってきてはおりませんか? 漢方には老化をふまえた血の治療もございます。ホームページでは伝えたいことを全てお伝えはできませんが、気に入って、頂けたら、いちどご相談下さい。


◆完全予約制です。
じっくりと漢方相談を行うことが特徴です。
土曜日はご予約の希望時間が重なりあってしまいます。
そのため、可能な方は、じっくりとした漢方相談のできる平日に来て頂けたらありがたいです。